これからのユーザーのあり方などについて教育

ゲストの事例について実習しました。ゲストマイナスの出現を防ぐためには、仕事場・ゲスト・政府がそれぞれの有様と任務をしばしば自覚し、適切な目論みを練ることが必要です。仕事場は、製品の大丈夫ファクターや公開のあり方、プライバシーの養生などについて、法を遵守するだけではなく積極的な自主行いファクターを策定し、ゲストのたよりを得ることが求められます。また、政府も被害にあったゲストをレスキューするという見解だけではなく、ゲスト故障の出現を未然に防止する施策を立てる必要があります。一層、ゲスト己も結果に対する判断を深め、ふさわしい品物知識を身につけて適切に判断し行いとれる「自立したゲスト」になるように努力することが求められています。このようなことを実習しましたが、ゲスト故障を未然に防ぐにはどうしたらいいのか自分でも感じ取ることはもらえると思うので、考えてみようかなと思いました。このことは、他人事ではないし油断してはいけないことだなと思いました。海宝の力 解約