森の中に響いていたのは私たちのターザンのような金切り声でした。

昭和40時代の当初でした。ふとした最上級となった小児のゲームにターザンごっこがありました。実に原始チックだと当てはまるかもしれませんが、私たちがやったのは普通のロープなどを使ったものではありませんでした。敢えて裏山に行って大きな木を探して、それに絡みついた分厚くて丈夫な「つる」を見極めるのです。小刀やのこぎりを使ってそのつるを下回るのです。その時思い切り見極めないと故障につながります。切れてしまっては大変です。皆で見極めたつるを切り、大きな木に巻き付いたものをぐるぐるほどいていくのです。手首ほどの太さのものをよく使ったものです。大本業でした。分厚い木の幹から賢くつるをほどいたら、いよいよ、ターザンごっこの発端だ。落ち葉を踏みしめながら、坂になっている近辺を選んで皆でつるを引っ張って赴き、小高い場所に付いたらいざ起源だ。一人ずつ切ってきたつるにしがみつき、趨勢をつけて飛び立つのです。とある仲よしはターザン良く「ア、アアー」と、とある周囲は「ヤッホー」と叫びながら葉っぱの物音を立てながら宙をブランコのように移動するのです。この時は葉っぱの物音は高所から行なう。うれしいゲームでした。森には私たちの鳴き声がこだましていました。お金借りる