久々の帰省 お義母さんの心遣いでのんびり過ごしました

義父の実家へ挨拶に行った後、義実家へと車で移動。
朝早くから起きていて疲れたのか、子供は車の中でようやく寝てくれました。

今がチャンス!!
この日数時間しか寝ていなかった私も寝かせてもらおうと思ったのですが、
「話しててくれないと居眠り運転しそう…」という旦那の言葉で眠ることが出来ませんでした…。

次のSAまで寝かせてくれれば運転を代わると言たのですが、
「俺以上に眠り運転しそうだからダメ!!」とあっさり却下されてしまい車の中でも眠ることが出来ませんでした。

旦那は、空港までの電車、フライト中、ひいじいちゃんの家で寝ているのに、どんだけ寝たら十分なんだ?

意識が飛びそうになりながらも、何とか会話を続ける事1時間。
無事、義実家へ到着出来ました。

久々のおばあちゃんとの再会に喜ぶ子供♪
数か月前に旅行に行ってから、その時の写真を毎日のように見ていたのでバッチリ覚えていました。
その時は、まだ言えなかった「ばぁば」が言えるようになってたので義母も大喜びでした。

私たちの到着からしばらくして義父が帰宅。
「じぃじ」と言いながら、玄関に走ってくる姿に義父もメロメロのご様子でした。

昼食に続き、ここでもご馳走を用意してくれていました。
全部、旦那の大好物♪♪

旦那と私は食の趣味がドンピシャ。
全て私の好きな物でもあるので、とっても嬉しい夕食になりました。

ですが、量が半端ない(笑)
大学から一人暮らしを始めた主人。

義両親の中では、高校生の頃に主人が食べていた量が基準なようで、
「遠慮せずもっと食べろ」と進めてくれるのですが、その頃から十年以上経過しているので食べられる量が減っているという事を分かってくれていないので大変。
久々に食べすぎて、お腹が爆発するんじゃないかと思うほどでした。

寝不足と満腹が重なり睡魔に襲われた私。
義母が気づいてくれて、すぐに休ませてくれました。

本当なら片付けなどは私もしないとなのに、
「こんな時くらい家事の事は考えず、のんびりしなさい」と言ってくれる義母に感謝です。アコムキャッシング返済方法